ブログトップ

芸能新聞配達します

geinoushin.exblog.jp

内臓は40歳まで防衛できる予感がするずら

内臓は40歳まで防衛できる予感がするずら
内藤サは、投げきやれる行為が良ぐ似合う。亀田問題でしかど人気ものサ
のた感じのある内藤であるが、こうのるど、実力は本物ど見で間違いねど
痛感したハデある。

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦が8日、東京・両国国技館で実施された。
同級王者・内藤大助選手コ(33=宮田)が同級1位のボンサクレック・ウォンジョンカム選手コ(30=タイ)ど対戦。判定で内藤選手コが2度目の防衛を果たしたのだった。

やはり、内藤は、テクニシャンの雰囲気がある。

 内藤選手コは序盤、やや硬さが見きやれ、挑戦者の動きが目立った。4ラウンド以降は、徐々サ落ち着きを取り戻し、4ラウンド以降、細かい動きど手コ数で挑戦者を上回り始めた。9ラウンド序盤サは、内藤選手コがボンサクレック選手コサクリンチがきや投げ飛ばされる場面もあったのは、亀田戦の記憶がちょぺっどだげしみがえった。

 内藤選手コは世界王座の国内最年長防衛記録を更新したのは、すごいの一言サ尽きる。いづまでも、伸ばし続けて欲しい。
  • 耳寄り役立ち情報満載

  • 頭しらみ対策マニュアルの決め手

  • カナヘイ画像アンパンの館ブログ

  • http://news.livedoor.com/article/detail/3544951/
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080308-00000016-maiall-spo&kz=spo
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/128412/

    ボクシング - livedoor Blog 共通テーマ
    [PR]
  • by geinoushinbunn | 2008-03-08 23:42 | YAHOOニュースレビュー
    << 山口達也の相手の元モデルAの正... エディソン・チャンのパソコンか... >>